カンボジア研修生について

  • カンボジア研修生について

    • 日本は多くの発展途上国からの研修生を受け入れています。


      その中でもカンボジアからの研修生はとても多いです。日本とカンボジアは昔から友好関係にあり、様々な支援をしてきていることで日本にとても良い印象を持っている方が多いのが特徴です。

      そして控えめでまじめ、年上を敬うなど日本人の特徴ととても似ているところがあるため、日本側としても受け入れやすいということもあります。

      カンボジアの研修生の最新情報を見つけよう。

      仏教徒が多く、おとなしく争いを好まないなどそういった点でも日本人と共通しています。

      カンボジアでは経済発展がまだ進み切れず、日本で様々な技術や知識を身に着けることで多くの若者が自国を発展させようという気持ちをもっています。

      そうした勤勉で前向きな気持ちは、日本での研修においても習得しようという気持ちが受け入れている企業に貢献していることになり、労働力のアップにつながるので双方でメリットが多いのです。



      カンボジアとしても日本への研修生への送り出しに対する体制がしっかり整っていることもあり、事前に日本語の勉強をさせることも多いので、すぐに日本での生活に溶け込むことができやいのです。
      治安が良く仕事熱心、穏やかで勤勉であることが日本での受け入れを拡大している理由です。



      経済発展を進めていくお手伝いとなる日本、そして海外進出を成功させるための労働力を得ている日本、こうした相乗効果によって世界全体の発展につながっていくのです。
      今後日本ではこうした研修生を更に強化していくはずです。