カンボジア研修生について

  • 就職に向けてカンボジアで技能実習生が増えている理由

    • カンボジアでは非常に多くの国民がいることに対し就くことができる仕事に限りがあるという現実もあります。

      カンボジアの実習生が気になる方はこちらへご来訪下さい。

      またその中で海外に派遣されて仕事を身につけようと技能習得を目指す実習生が増えています。実際にカンボジアで実習生で学ぶにあたり試験も存在します。

      そこでは実技試験や学科試験も設けられておりそこで仕事に必要なレベルであるかどうかを判断されます。
      そしてそれをクリアして就業に就くことができます。
      実際にカンボジアの実習生が付くことが可能な仕事は裁縫以外にも農業や不動産に加えて建築や教育など非常に幅広い範囲で就くことが可能となります。

      そのためカンボジアの中でも様々な分野に特化して技術を身につけることもでき仕事の幅や選択肢を広げることにもつながります。



      しかし仕事につながるという面もありますが実力主義である部分もあります。そのため十分な技術を獲得できないと実習生のままなかなか先に進むことができないということにもつながります。


      実際に派遣される中で派遣先は非常に幅広いです。



      実際に日本に派遣されて勤務しているカンボジア人も多く存在しています。
      派遣されるうえで実習生のころに確かな技術と教養を得ている為かえって無未熟な日本人以上に良い仕事をするという事態にもつながっています。そのため日本にとって企業の発展に非常に貢献しくれていますが働きがよすぎるために日本人が就職難になりつつあるという現実もあります。
      そのため互いにより研鑽し合仕事に必要なスキルを高めていくことが大切といえます。